無機材料データベース

無機材料データベース (AtomWork)

無機材料データベースは科学技術文献から抽出した無機材料の結晶構造、X線回折、特性、状態図に関するデータを収録したデータベースです。データは化学成分系・化学式・物質名・プロトタイプ・ピアソン記号・空間群番号で材料を検索する"Search Material"、材料特性を指定して材料を検索する"Search Materials having specified property"、成分系を指定して状態図を検索する "Search phase diagrams"の3通りの方法で検索することができます。

MatNaviユーザ登録・認証システム移行に関するお知らせ

NIMS物質・材料データベース(MatNavi)は更なるセキュリティ強化のため、2020年12月1日にMatNaviユーザ登録・認証システムを含む新サービスへ移行しました。
11/30以前にユーザ登録された方は、再度ユーザ登録が必要になります。
旧システムにご登録いただいたユーザ情報につきましては、全て破棄され、ユーザ登録は無効となります。
皆様には大変ご不便とお手数をおかけ致しますが、ご対応のほどお願い申し上げます。

公開データ数

結晶構造約82,000件
特性約55,000件
状態図約15,000件

NEWS

AtomWorkのデータについて

AtomWorkのデータは、国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)(日本・つくば)、 Materials Phases Data System社(MPDS)(スイス・フィッツナウ)、科学技術振興機構(JST)(日本・東京)が共同で製作しました。
AtomWorkのデータの著作権は国立研究開発法人物質・材料研究機構とMaterials Phases Data System社が有します。
AtomWorkのデータは国立研究開発法人物質・材料研究機構(日本・つくば)が2010年6月に公開しました。

編集長

  • P. Villars, スイス

編集者

  • K. Cenzual, スイス (結晶構造)
  • J. L. C. Daams, オランダ (結晶構造)
  • - F. Hulliger, スイス (物理特性)
  • - H. Okamoto, 日本 (状態図)
  • - K. Osaki, 日本 (結晶構造)
  • - A. Prince, イギリス (状態図)

詳細については PAULING FILE project をご覧ください。
粉末パターンの計算値はRIETAN-FP(F. Izumi and K. Momma, Solid State Phenom., 130 (2007) 15-20.)により得られたシミュレーション結果です。

AtomWorkのソフトウェアについて

AtomWorkのソフトウェアの著作権は、開発した国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)(日本・つくば)に帰属します。
Copyright(c)2010. All Rights Reserved.

データベースの引用について

本データベースの引用にあたっては、引用する印刷物等に、データベースのURLもしくは以下の論文を引用してください。

URL:
国立研究開発法人物質・材料研究機構 AtomWork >http://crystdb.nims.go.jp/ < (参照: <参照日付>)
論文:
Yibin Xu, Masayoshi Yamazaki, and Pierre Villars: Inorganic Materials Database for Exploring the Nature of Material: Jpn. J. Appl. Phys. 50 (2011) 11RH02.

注意事項

  • このデータベースシステムの著作権は,国立研究開発法人物質・材料研究機構(NIMS)にあります。
  • このデータベースシステムをNIMSに無断で転載、複製、第三者へ配布することを禁止します。
  • このデータベースシステムの使用により使用者が被ったいかなる損害に対しても、NIMSは一切の責任を負いません。

必須環境

対応OS:Windows 8.1以上
対応ブラウザ:Internet Explorer 11、Microsoft Edge、Google Chrome、Firefox

PAGE TOP